「昔に比べて髪にコシがなくなってきた」、

「地肌が見えるようになってきた」、なんて思うことはありませんか?

もし髪になんらかの変化を感じているのなら…それはAGAかもしれません。

AGAとは、男性型脱毛症で、今や薄毛で悩むほとんどの人がAGAだと言われています。

脱毛には、脂漏性脱毛症、牽引性脱毛症、円形脱毛症など、いろいろ種類がありますが、

AGAによる脱毛にはパターンがあります。

大きく分けて、A型、M型、O型の3種類あり、

A型とは額の生え際からハゲていくパターンで、最終的には逆U字型と言われる側頭部と後頭部にのみ髪が残るパターンです。

これは日本人にもっとも多いタイプで、

AGAで悩む約半数の人がA型だと言われています。

M型は、こめかみから徐々に髪が薄くなっていくパターンで、そり込みを入れたような見た目で進行していくタイプ。

A型と違って白人に多いタイプだと言われていますが、

最近では日本人でも増えてきています。

O型とは、頭頂部から髪が抜けていくタイプで、ぱっと見では薄毛であることはわかりませんが、

もっとも精神的ダメージを受けやすいパターンなのだとか…。

この3種類の脱毛タイプに該当するのであれば、あなたもAGAかもしれません。

今はそこまで髪の毛が抜けていなくても、放っておくとどんどん薄毛レベルは進行することに。

髪の毛がなくなることは、大きなストレスにもなります。

AGAの可能性を感じたら、すぐにAGA(男性型脱毛症)治療を始めましょう。